Fozzils(フォッジルズ)のソロパックをレビュー。機能性と収納性に優れた折りたたみ食器。

先日、Fozzilsのソロパックを購入したので、そのレビューを。

さっそくですが、実際に使ってみた感想として、Fozzilsのソロパックは以下のような方に向いていると思いました。

  • エコにキャンプがしたい
  • 収納に困らない(かさばらない)食器が欲しい
  • ひとつで何役もこなせる食器が欲しい

Fozzilsの食器は、絶対に必要なわけではないけど、あると便利な食器です。

以下で詳細をレビューしているので、気になった方はチェックしてみてください。

Fozzils(フォッジルズ)について

Fozzilsは、アウトドアで使う食器をコンパクトで軽量にというコンセプトのもと、立ち上げられたメーカーです。

現在は食器以外にも、食器を干す水切りや衣類を洗うタライなどを折りたたみ仕様で展開しています。

レビュー

今回はカップ・ディッシュ・ボウルがセットになったソロパックをレビューしていきます。

スペックは以下のとおり。

素材本体:ポリプロピレン、スナップボタン:ポリアセタール
重量カップ:33g、ボウル・ディッシュ:40g
カラーグレー、ホワイト
容量カップ:250mL、ボウル・ディッシュ:500mL
収納サイズカップ:20.8cm X 23.8cm、ボウル:22.3cm X 25.2cm、ディッシュ:25.2cm X 22.8cm
耐熱温度105度
耐冷温度-25度
引用:モンベル

軽量かつ耐熱、耐冷温度もよほどの環境でない限りまず大丈夫な仕様になっています。

サイズも最大で25.2cmなのでバックパックの隙間に問題なく忍ばせることが可能です。

注意点は以下のとおり。

Fozzils製品の注意点
  • たわしでこすると傷つく可能性あり
  • もちろん電子レンジやオーブンは不可
  • 初めて使う際は、一度中性洗剤で洗う

ここからレビューに入っていきます。

3つとも広げてみるとこんな感じ。

ソロパック1

すべて重ねても1cm未満で総重量113gなので、ついでに持っていっても邪魔にはならないレベルだと思います。

ちなみに広げた状態でまな板として使うこともできます

そして組み立ても簡単。

ソロパック2

購入した時点で折り目がついているので、その折り目にそってボタンをはめ合わせるだけなんです。

ソロパック3

折り曲げていくとちょうど穴の空いた部分をスナップボタンが通るデザインになっています。

あとはパチっとはめるだけ。

ソロパック4

左からカップ・ボウル・ディッシュになります。

こうやってみてみると割とサイズが違いますね。

その日のご飯に合わせてサイズを選択できるのがいいところ。

ソロパック5

折り曲げた部分は白くなっていますが、普通に使う分には割れたり穴が空いたりしそうな感じもないです。

ちなみに等高線のデザイン部分は凹凸になっていて滑り止めとなっています。

触った感じの質感はサラサラしていてマットな感じです。

ソロパック6

側面には目盛がついているので、計量カップとしても使えます

ml(ミリリットル)表示があるのはありがたいですね。

ソロパック7

実際に少量パックのポテチを入れてみました。

別に袋のままでもいいんですが、パーティ開けよりも見映えがいい、取りやすい、散らばらないといった感じで、割と満足度は高めでした。

ソロパック10

スナック菓子やナッツなど、液体でなければ片面を開いたままで、より取りやすく使うこともできます。

ソロパック8

撮影した日の夜は冷奴キムチのせにゴマ油をかけたものを。

食べたあと食器を洗う際も、水で流すだけで大体の油分が取れていて、匂いが残っている感じもなかったです。

ちなみに耐熱温度は105℃なので、食洗機で洗うこともできますよ!

後片付けのことを考えると、紙皿の方が手軽ではありますが、何度も繰り返して使えるのでコストも抑えられるし、何よりエコ。

自然を楽しむ上では、意識していきたい部分ではありますね。

ここまでが、ソロパックのレビューになります。

まとめ:ソロパックは買いか、なしか。

実際にソロパックを使ってみて、感じたポイントとしては

  • 軽くてコンパクト
  • 汚れ落ちもよく、匂いもつきにくい
  • まな板や計量カップとしても使えて機能的
  • 繰り返し使えてエコ

といったところでしょうか。

正直なところ、ソロパックは絶対に必要なものだ!という訳ではありませんが、持っておくと便利なものではあると思います。

個人的には、コンパクトな感じからしっかりとした食器になるギミックやデザイン、実用性の高さに惹かれるものがあり、買ってよかったと感じています。

本記事については以上になります。

アウトドアで使う食器の情報として参考になれば幸いです。

もし気になった方がいれば以下からチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。