【画像付】サーカスTCDXの設営方法とたたみ方を分かりやすく解説!!

キャンプ場へ行くと必ずといっていいほど見かけるのがテンマクデザインのサーカスTCDX。

設営のしやすさは数あるテントの中でもトップクラスですが、撤収時にうまくたためず苦戦することも。

今回はサーカスTCDXの設営方法からたたみ方までを画像付きで解説します。

すでにサーカスTCDXをお持ちの方はもちろん、購入を検討している方の参考になれば幸いです。

サーカスTCDXの設営方法

サーカスTCDXの設営は本当にシンプルで簡単です。

ただ、設営方向だけはしっかり決めて間違えないようにしましょう。

設営場所を決め、設営ガイドを設置
サーカス設営1

まずはテントの中心となる位置に付属の設営ガイドを固定します。

設営ガイドに合わせて5箇所にペグを打ち込む
サーカス設営11

設営ガイドの角からラインを引っ張り、5箇所にペグを打ち込みます。

この時フロントフラップを正面にして設営するのであれば、画像のように右側にフラップのジッパーがくるように設営ガイドの位置を調整しておきましょう。

テントの角をペグにかける
サーカス設営10

ペグが打ち込めたらテントの角にある輪にペグを通します。

サーカス設営4

途中でベンチレーターを開いておくことも忘れないようにしてくださいね。

サーカス設営3

5箇所のペグすべてにかけるとこのようになります。

ポールで幕を立ち上げる
サーカス設営5

1箇所ジッパーを開き、センターポールでテントを立ち上げます。

サーカス設営20

頂点部分は生地が2重になっているので、ずれないように立ち上げましょう。

サーカス設営6

立ち上げ直後はこのように張りのない感じになります。

幕の張り具合を調整し、ガイラインを張る
サーカス設営7

テントを立ち上げた後はペグを打ち直したり、画像のようにベルトを閉めたりしてテントの張りを調整します。

サーカス設営8

張りの調整が終わったら、ガイラインを取り付けペグを打ち込みます。

サーカス設営9

ガイラインはテントの角の延長線になるのでずれないように張っていきましょう。

設営完了

ガイラインが設置できたら、設営は完了です。

慣れれば15分程度で設営できますが、設営する方向を間違えないように注意してくださいね。

サーカスTCDXのたたみ方

設営は簡単ですが、初めてだと苦労するのがテントをたたむ時なんです。

ただ、たたみ方さえ分かってしまえばあとは慣れるだけ。

うまくたためないという方は是非参考にしてみてください。

ポールを外し、ペグを抜く
サーカス畳み方1

まずは中のポールを外して、ガイラインのペグとテントの角を固定しているペグを抜いていきます。

この時1箇所だけペグを残しておくとテントを広げる時に楽になりますよ。

幕が左右対称となるように余った幕体を折りたたむ
サーカス畳み方10

きれいに折りたたむためには左右対称な形にする必要があるので、画像のように一部を内側へ折り畳んでおきましょう。

サーカス畳み方4

折り畳めるとこのように左右対称な形状となります。

幕をさらに半分に折りたたむ
サーカス畳み方11

テントが左右対称になったら、中心から折りたたみます。

サーカス畳み方5

ここまでくれば後少しです。

さらに半分に折りたたむ
サーカス畳み方12

半分に折れたら、今度は縦方向へ半分に折っていきます。

サーカス畳み方6

手順通り折れるとこのような形状になるはずです。

収納袋に合わせて、両端を折りたたむ
サーカス畳み方13

次は収納袋の大きさに合わせて両端から折りたたんでいきます。

サーカス畳み方7

ここを適当にしてしまうと収納袋に入らなくなるので注意してくださいね。

ポールやペグと一緒に丸める
サーカス畳み方8

きちんと折りたためたら、ポールやペグをまとめて端から丸めていきます。

収納袋へ収納し完了
サーカス畳み方9

丸めたら収納袋を上から被せるようにして入れていきましょう。

テントを持ち上げて収納袋へ入れようとすると、袋の入り口がうまく開けなかったり、せっかくたたんだテントが崩れてしまうので、上記の方法がおすすめです。

サーカス畳み方10

最後に収納袋のジッパーを閉めたら完了です。

設営も撤収も簡単なサーカスTC DXはメリットがたくさん

本記事ではサーカスTC DXの設営とたたみ方について解説しました。

サーカスTC DXは、設営や撤収のストレスが少なく、必要な時間も短く済むのでその分ゆっくりとキャンプを楽しむことができます。

初めてキャンプをする方にはもちろん、ベテランの方にも多く使われるサーカスTC DXでのんびりとしたキャンプを楽しんでみてはどうでしょうか。

サーカスTC DX EKALモデルではありますが、レビュー記事も参考にしてみてくださいね。

アイキャッチ画像【レビュー】サーカスTC DXのEKALカラーはおしゃれ度抜群で居住性の高い最高のテントだった。気になった点も紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。