【レビュー】アルバートル マルチギアコンテナは防水&大容量で使いやすいソフトコンテナだった!

今回はアルバートル マルチギアコンテナというソフトコンテナを購入したのでそのレビューになります。

結論から言ってしまうと、使い勝手はかなりいいです!

ハードコンテナのように上に物を積むことは難しい(軽いものなら可)ですが、ソフトならではの収納力の高さや防水仕様、カラー展開の豊富さなどを考えると全然引けをとらない印象です。

アルバートルのマルチギアコンテナは、

  • テント内や周囲の物をスッキリまとめたい
  • 統一感のあるサイトにしたい
  • ハードコンテナ以外で収納を考えたい

という方にオススメできると思います。

前置きが長くなりましたが、以下で細かくレビューしていきます。

アルバートル マルチギアコンテナの外観・仕様

マルチギアコンテナ1

今回購入したのは68Lモデルで、サイズは横60cm×縦38cm×高さ30cmとなっています。

ちなみにカラーはジェットブラックです。

マルチギアコンテナ2

持ち運ぶ際にもコンテナの形が崩れないように底板がついており、取り外し可能な仕切りも3枚付属しています。

マルチギアコンテナ9

仕切りは柔らかく、あまり詰め込みすぎるとたわむのでほどほどに。

マルチギアコンテナ3

持ち手は全部で6箇所あり、1人で抱えて運ぶこともできますし、2人で片手ずつ持って運ぶことも可能です。

マルチギアコンテナ4

コンテナ内部にはメッシュポケットがついているので、ゴミ袋など薄いものを入れるのに便利です。

我が家のようにゴミ袋をすぐ見失う方には嬉しい仕様となっています。

マルチギアコンテナ5

ジッパー部分には操作がしやすいようにロゴ入りのジッパープルもついています。

思っている以上に細部の質も高いです。

マルチギアコンテナ8

フロント部分にはカラビナループもついているので、画像のようにナイフなどをかけておくとサッと使えます。

ざっくりと仕様については伝わったでしょうか。

アルバートル マルチギアコンテナのよかったポイント

ここからは実物を見て感じたことをお伝えしていきます。

①ソフトならではの収納力の高さ

マルチギアコンテナ9

今回購入したのは68Lモデルだと、これくらいの荷物は入れることができます。

ソロキャンプならテントやシュラフも全て収まってしまうかもしれません。

ちなみにユニフレームのフィールドラックがジャストフィットするのは嬉しい誤算でした。

マルチギアコンテナ10

上の画像にある荷物を全部入れると、こんな感じです。

いっぱいに荷物を入れるとコンテナがたわんでしまいますが、この程度なら全然収納可能な範囲におさまります。

マルチギアコンテナ11

画像のような感じでジッパーを閉めていくとたわみもほとんど気にならなくなります。

ソフトコンテナのように多少の無理がきく点は、ハードコンテナにないメリットですね。

もちろん詰め込み過ぎはよくないですが…

ジッパーも思っていたよりしっかりしている点も好印象でした。

②ターポリン素材で防水&手入れしやすい

マルチギアコンテナ7

アルバートルのマルチギアコンテナはどのカラーにも撥水加工がされており、底面がターポリン素材、ジッパー部分は止水ジッパーと防水仕様になっています。

ただ、今回レビューしているジェットブラックは全面がターポリン素材となっているので防水性が高く、汚れも拭き取りやすいという利点が。

購入した時点でターポリン素材であることは知っていましたが、思っていた以上に質感もよかったので満足度は高かったです。

③カラー展開が豊富でサイトに統一感を出しやすい

今回は購入したジェットブラックのレビューとなっていますが、アルバートルはカラー展開が豊富で全部で5色。

こちらが今回レビューしているジェットブラック。

そしてこちらがストーン・コヨーテ・ブラックカモ・デザートカモの4色です。
(色味はリンクより確認できます)

最近はタンカラーやブラック、グリーンといった色味のテントやキャンプ道具が増えてきている中でマッチングしやすいカラー展開が多いのは魅力的ですよね。

ハードコンテナにもいくつかカラー展開はありますが、カモ柄のコンテナは知る限りないので、しっかり統一したい方にはオススメです。

アルバートル マルチギアコンテナの気になるポイント

個人的には満足度が高かったので、これといって気になる点はありませんが、強いていうなら

  • 上に物が積みにくい
  • ジッパー壊れる可能性あり
  • 外部からの衝撃には弱いかも

というところでしょうか。

もちろんソフトコンテナであることを前提に購入しているので、重たいものを上に積み上げる気はありませんが、車への積載は考慮する必要があります。
(軽いものであれば問題なさそうです)

あとは詰め込みすぎでジッパーが壊れる、ハードコンテナに比べると外部から衝撃を受けた際に中の物へのダメージは大きいかも…ということくらいしか今のところは思いつきません。

まとめ

アルバートルのマルチギアコンテナは、

  • 収納力が高い
  • ターポリン素材で防水仕様
  • カラー展開が多い

という点でかなり魅力的なソフトコンテナと言えます。

残念ながら全面がターポリン素材となっているのはジェットブラックというカラーのみですが、他のカラーにも底面にターポリンが使われており、その他の面にも防水加工が施されているのでそこは安心ですね。
(その分ジェットブラックよりも他カラーは安価になっています)

  • テント内や周囲の物をスッキリまとめたい
  • 統一感のあるサイトにしたい
  • ハードコンテナ以外で収納を考えたい

という方はアルバートルのマルチギアコンテナを検討してみてはどうでしょうか。

補足ですが、ユニフレームのフィールドラックをお持ちなら今回レビューしている68Lサイズがジャストフィットなのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。