夏用テントで冬キャンプできる?そのために必要な準備を紹介!

昨今のキャンプブームで思い切ってテントを買って、冬キャンプにもチャレンジしてみたい!

でも、うちのテント夏用だし、冬も使えるのか不安…という方多いと思います。

結論から言うと夏用のテントで冬キャンプすることは十分に可能です。

ただ、それには準備が必要なので、そのあたりをしっかり解説していきますね!

そもそも夏用テントと、冬用テントって何が違う?

夏用テント(3シーズン用)と、冬用テント(4シーズン用)で何がどう変わってくるのかというと…

  • 生地の厚み
  • スカートの有無
  • インナーテントの仕様

あたりですね。

基本的に冬用は、少し厚みのある生地が使われていることが多く、スカートが付属していることが多いです。

なので、テントの接地面からすき間風が入ることがなくなります。

インナーテントについては、冬用だとメッシュ部分が少なくなり、風が入りにくい仕様になっているものが多いですよ。

夏用テントで冬キャンプを楽しむための準備

さて、本題にうつります。

夏用テントでも冬キャンプを楽しむために必ず必要なのは、”暖がとれる環境をつくる”こと。

その手段として、以下の方法があります。

  • 電源のあるサイトを選ぶ
  • 石油ストーブなどの暖房を準備
  • コットやマットで地面からの冷え対策を
  • 低気温でも使える寝袋を用意する

電源のあるサイトを選ぶ

最近は電源のあるキャンプ場も増えてきています。

電源があれば、電気カーペットを使うことができるので、お座敷スタイルのキャンプでも暖かく過ごすことができますね。

寝るときも電気毛布などあれば、高価格なシュラフを準備する必要はなさそうです。

石油ストーブなどの暖房を準備

冬キャンプでは、石油ストーブや薪ストーブを使うことでテント内を十分に暖めることができます。

荷物は増えてしまいますが、電源いらずで燃料も割安なため、ほとんどのキャンパーさんが使っています。

ただし、テント内でのストーブの使用は一酸化炭素中毒のリスクもあり、自己責任となるので注意してくださいね。

実際に使っているストーブは?

実際に僕が使っているのは、「フジカハイペット」「アルパカストーブ」という2種類のストーブ。

フジカハイペットは、予約が殺到しているため納期が1年以上となっていますが、アルパカストーブはすぐに購入が可能です。

スペック上どちらも性能は変わりないので、すぐに欲しいという方はアルパカストーブをチェックしてみてくださいね。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

コットやマットで地面からの冷え対策

冬キャンプでは、地面からの冷え込みがかなりキツくなります。

その対策として…

  • コットで地面から離れた状態をつくる
  • 銀マットを敷いて断熱し、背部の熱も逃げないようにする

といった方法があります。

僕はいつもコットで寝ていますが、真冬でも背中の冷え込みは感じたことがないです。

なんならコットの上にマットを敷けば防寒にもなるし、寝心地も良くなるので一石二鳥ですよ!

最近は安価でクオリティの高いコットも多くなっています。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
AXESオーディオ楽天市場店
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

以下はコットの比較記事になっているので、よければ参考までに。

アイキャッチ画像【比較レビュー】WAQ 2WAYフォールディングコットとHelinox コットワンを画像付きで比べてみる

もし、お座敷スタイルでキャンプを楽しむ方であれば、地面からの冷気を防げるようしっかり銀マットなどを敷くようにしましょう!

おすすめは銀マットの下に、オールウェザーブランケットを敷くこと。

そうすることで断熱性も高まり、寒さを防いでくれますよ。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

低気温でも使える寝袋を用意する

寝袋はめちゃくちゃ大事なライフラインです。

最悪、電源や暖房がなくても、スペックの高い寝袋があればなんとかなります。

大袈裟かもしれませんが、キャンプを始めたての頃にテントがバリバリに凍ってしまうほどの寒さ(−5℃)の中でキャンプをしたことがありました。

その頃は大した知識もなく、焚き火があればいけるでしょなんて考えていたのが大間違い。

焚き火が消えた瞬間から震えるほどの寒さで、あわてて寝袋に入ったのを覚えています。

幸い、なぜか寝袋だけはいいものをと、ハイスペックな寝袋を買っていたおかげでぐっすり寝ることができました。

なので、寝袋はケチらず低気温に対応したものを購入しておくのがオススメですよ!

実際に使っている寝袋は?

僕が冬キャンプで使っている寝袋はNANGA(ナンガ)のオーロラライト900DXというモデル。

快適使用温度は−10℃までとなっているので冬キャンプでもぐっすり寝られるほど暖かいですよ。

実際のレビューも参考にしてみてくださいね!

【レビュー】NANGA(ナンガ)オーロラライト900DXはとにかく暖かい冬キャンプの必需品。

ここまで、夏用テントでも冬キャンプするための準備についてお伝えしました。

やはり1番の大敵は寒さです。

寒いとせっかくのキャンプも台無しなので、防寒対策だけは十分すぎるくらいで問題なし!

快適な冬キャンプを楽しみましょ!!