2ルームテントの照明はLEDランタンがオススメ!その理由と、実際に使っているランタンを紹介します

テントの中でも面積の広い2ルームテント。

テント内を明るくするためにどの照明を選べばいいのか悩ましいところですよね。

結論として、オススメしたいのはLEDランタン。

この記事では僕自身の経験を踏まえて

  • なぜLEDランタンがいいのか?
  • 実際に使っているLEDランタン

について紹介していきます。

LEDランタンがオススメな3つの理由

正直なところ、雰囲気や点灯までの手間を楽しみたいのであれば、ガスランタンやオイルランタンの方がいいかもしれません。

でも、そういった点を除けばLEDランタンに多くのメリットがあるのは事実。

以下では僕自身の経験から、LEDランタンをオススメする理由をお伝えしていきます。

シンプルに明るい

こちらの写真は2ルームテントでLEDランタン(クレイモア プロL)を使用した時のものです。

LEDランタンひとつでも、主要なスペースは十分に照らすことができます。

ガスランタンや灯油ランタンでも、同等の明るさをもつランタンはありますが、手軽に点灯できる上にこの明るさは大きな魅力といえます。

余談ですが、LEDランタンをいくつか同時に使うとここまで明るくすることも可能です。

点灯や片付けが楽で、メンテナンス不要

LEDランタンのほとんどがスイッチひとつで点灯できるものばかり。

片付けもサッとケースにしまうだけなので、めちゃくちゃ楽です。

ガスランタンのようにホヤ(ガラス部分)が割れるような心配もなく、メンテナンスもほとんどいりません。

なので手軽に明るくしたい人にこそ、LEDランタンはオススメですよ。

メンテナンス次第ではガスや灯油ランタンの方が長寿命

LEDランタンはメンテナンス不要ですが、バッテリーの使用回数には限度があります。

その点、ガスや灯油ランタンはしっかりメンテナンスさえ行えば一生モノとして使うこともできます。

明るさだけでなく、長く使うことも考えると見方も変わってくるかもしれません。

スマホの充電器として使える

LEDランタンの中にはバッテリー機能を持つものも多いです。

キャンプ場に行くとついつい写真を撮ったりして、気づいたら充電がなくなってたなんてこともあったり。

そんな時に充電できる安心感といったら…

1泊2日のキャンプなら、照明として使った後、スマホを充電しながら就寝するくらいは余裕でできちゃうので、照明兼モバイルバッテリーとして荷物を減らすこともできますよ。

実際に使っているランタンを紹介

ここからは僕が実際に使っているLEDランタンをいくつか紹介します。

大小様々あるので、参考になれば嬉しいです。

クレイモア プロ L

CLAYMORE(クレイモア)は、韓国のPRISM社が展開しているLEDランタンです。

スペックは以下のとおり。

(画像は過去のモデルなので、最新機種のスペックを掲載しています)

サイズ幅 200mm × 奥行き 90mm × 高さ 34mm
明るさ(最大)2,700 Lumens(ルーメン)
バッテリー容量17,400 mAh(62.64 Wh)
連続点灯時間11〜100 hr (ターボモード5.5〜50 hr)
充電時間7 時間
総重量約540 g
使用レビュー

・明るさや重さは、他のランタンより大きめ

・明るさは抜群。眩しすぎるので最大光量まで使うことは基本ない

・バッテリー容量も◎(スマホ充電可)

・光量の調整はダイヤル式

・キャンプで使用する際は1番に選ぶランタン

使っていて1番安心できるLEDランタンです。

2ルームテントの照明として使って、スマホを充電しても翌朝バッテリー容量が残っていることも多いです。

現在は新モデルになっており、スペックも向上しているので、メインの照明として使えるLEDランタンを探しているのであれば、これはオススメですよ。

ルーメナー2

クレイモアの次に使っているのがこちらのルーメナー2です。

サイズ縦129mm×横75mm×幅22.7mm
明るさ4段階モード(100Lm、500Lm、1000Lm、1500Lm)
バッテリー容量リチウムイオンポリマー 10000mAh
連続点灯時間約100時間~約8時間
充電時間約5時間
総重量300g
使用レビュー

・手のひらサイズで、手ごろな感

・明るさは十分。2ルームテントの使用も問題ないレベル

・バッテリー容量も1泊2日ならもつくらい(スマホ充電可)

・磁石付きのフックで引っ掛けやすい

・防水、防塵に対して強く、水濡れなども安心(水深1mで30分程度、一時的な浸水まで可)

クレイモアにはスペックで及びませんが、こちらも明るさは十分にあるランタンです。

メインランタンとして使うことは十分に可能ですが、スマホをフル充電できるかといえばギリギリな印象。

コンパクトなメインランタンが欲しいという方にオススメです。

LEDLENSER ML4

こちらはレッドレンザー社のML4というモデル。

コンパクトですが、侮れないくらいの明るさですよ!

サイズ横29mm × 縦97mm
明るさブースト:300 / パワー:150 / ミドル:50 / ロー:5
バッテリー容量750mAh(付属充電池容量)
連続点灯時間ブースト:- / パワー:2.5 / ミドル:8 / ロー:45
充電時間約2.5時間
総重量約71g
使用レビュー

・2ルームテントなら優秀なサブランタンという位置づけ

・コンパクトながら、意外と明るい

・バッテリーもローなら常夜灯として翌朝まで使える

 (ブーストやパワーモードは短時間)

・カラビナ型フックで引っ掛けやすい

・充電池だけでなく通常の電池も使える

残念ながらメインランタンとして2ルームテントで使うことは難しいです。

ただ、サブランタンとして、コンパクトなテントでのソロキャンプなら十分メインランタンとして使うこともできます。

普通の電池が使えるので、充電し忘れても電池を買えば問題なし。ひとつあると心強いランタンです。

ゴールゼロ

サイズ約縦93mm × 横37.75mm
明るさ最大150ルーメン
バッテリー容量2600mAh
連続点灯時間7~170時間
充電時間約3.5時間
総重量68g

こちらは説明不要なくらい人気のあるLEDランタン「ゴールゼロ」です。

今でも手に入りにくいですが、実際に使ってみた感想としては以下のような感じ。

使用レビュー

・コンパクトでポケットやカバンのすき間に入れておける

・ML4と同じくサブランタン的な立ち位置

・バッテリー容量は抜群で、かなり長時間もつ(充電機能はなし)

・引っ掛けるにはフックやカラビナが必要

ML4同様、2ルームテントの使用を想定するとサブランタン的な使い方になりますが、ソロキャンプならメインランタンとしての使用も可能かと。

人気の理由も頷けるほどのバッテリーのもちと明るさです。

オンラインでは中々購入することができませんが、アウトドアショップに行くと入荷していることもあるようです。

個人的には見つけたら即買いをオススメします。

この記事で紹介したランタン以外にも、明るいものはあると思いますが、実際に使ってみないと明るさやバッテリーのもちは分からないので実際に使っているものだけ紹介しました。

2ルームテントを使っている方のランタン選びの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。